哺乳瓶やマグ消毒するおすすめの方法は?いつまで消毒が必要?完ミの場合は?

赤ちゃんが生まれて、いろんなお世話グッズが必要になります。

その中でも、「飲む」という分野においては、「哺乳瓶」や「マグ」が必須アイテムです。

 

そんな、哺乳瓶やマグの消毒方法や、いつまで消毒が必要か、ご紹介していきます。

哺乳瓶やマグの消毒方法

 

哺乳瓶やマグの消毒方法は、

煮沸消毒・電子レンジ消毒・薬液消毒

の3つが代表的な方法ですね。

 

ちなみに、我が家や薬液消毒をしていました。

(というか、哺乳瓶の消毒はミ〇トン!という固定観念しかありませんでした…)

 

あらためて、それぞれの消毒方法を確認してみましょう。

 

沸騰消毒

方法:お鍋などを使用し、沸騰したお湯に浸して熱湯消毒

メリット:専用の容器などを用意する必要がない

デメリット:火傷に注意が必要、調理時間と重なると面倒

 

電子レンジ消毒

方法:専用の容器に規定量の水を入れスチーム消毒

メリット:簡単&短時間で消毒が可能

デメリット:専用容器が必要

 

薬液消毒

方法:次亜塩素酸ナトリウムでつけおき消毒

メリット:浸すだけで簡単、すすぎの必要がない

デメリット:消毒に時間がかかる、薬液のにおいが気になる

 

私の経験値から、ご紹介や提案をさせていただくと、

まず、容器は、専用のものを(わざわざ)用意する必要はないと思います。

 

最近の100円ショップはすごく万能なので、なんでも揃います。

薬液消毒するにしても、浸して置ける大きめサイズの容器(タッパー)で十分です。電子レンジ消毒をするにしても、哺乳瓶が入るサイズの蒸し器もあります。取り出し用のトングだって、もちろんありますね。

 

どの消毒方法にしても、専用容器を購入すると、だいたい2,000円くらいはかかりますが、100円ショップで揃えると、半分や1/3の金額で揃えることができます。

 

続いて、消毒方法ごとのメリット・デメリットです。

煮沸消毒は、家にあるお鍋やトングなどで消毒ができますが、何よりもまず「火傷」が怖いですね。ガラス製の哺乳瓶を熱湯に浸しておいたものなら、取り出す際は、細心の注意が必要です。アチチ!と落としてしまうと割れてしまい二次災害も発生します。あと、ガス(電気?)代と水道代が意外とかかるそうです。

 

電子レンジ消毒も、同様に「火傷」に注意が必要です。あとは、「スチーム消毒」という点で、消毒効果がいかほどか…といったところでしょうか。電子レンジなら、調理時間と重なっても、さほど影響はなさそうですね。

 

私がしていた薬液消毒は、本当に便利ですね。薬液に浸すだけですから。そして、次に使用するまでそのままで良いので。塩素のにおいは確かに気になります。なので、私は使用前にすすいでから調乳していました。

 

「時間」という点では、煮沸&電子レンジは、平均3~5分ほどの消毒時間が必要です。薬液消毒の場合は、1時間以上浸している必要があります。

時間は、さほど大きな問題ではないのではないでしょうか。ミルクもマグも、飲んで消毒してすぐにまた飲む…ということにはならないでしょうから。

 

個人的には、薬液消毒がおすすめですが、どの方法が1番良い!ということは、正直、ないと思います。それぞれの家庭環境もありますしね。

新生児の頃は、お世話で1日があっという間に過ぎてしまうほど、慌ただしいです。消毒をしている間にも、赤ちゃんは泣きだし呼ばれます。

お母さんが、無理せずストレスを溜めずに、安全に消毒できる方法を選ぶのが、いちばんのおすすめです。

 


1 2

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください