【絵本】今週の絵本★たまごにいちゃん・ねずみくん・だるまちゃん・わんぱくだん…などシリーズものが子供に大人気!

我が家の長男(7歳)は、保育園時代から絵本が大好き❤

 

2週に一度、近隣の図書館から借りている絵本10冊を、私も読書し、私目線で本のご紹介をしていこうと思います。

 

 

へんしん!たまごにいちゃん

作・絵:あきやま ただし

出版社:すずき出版

 

「たまごにいちゃん」シリーズの1冊です。

たまごにいちゃんを我が子に置き換えて読むと、子供の成長や、その過程の葛藤などに気づいてあげることができる、とっても奥が深い1冊です!

対象年齢は、4歳~5歳となっていますが、ぜひママにも読んでもらいたい1冊ですね。

 

へんしん!たまごにいちゃん (ひまわりえほんシリーズ) [ あきやまただし ]

価格:1,404円
(2019/7/5 14:05時点)
感想(2件)

 

 

はーくしょい

作・絵:せなけいこ

出版社:ポプラ社

 

出典:ポプラ社

 

たくさんの絵本を読んでいると、一度は目にしたことがあるのでしょう「せな けいこ」さんの絵本。

実際に購入した本もあれば、このように借りてくる本も、我が家にはたくさんあります。

我が家の子供達は、小児科に行くことは嫌がらないものの、いざ先生の前に座り、内診(特に喉と耳)をしだすと無駄に泣き出す…というおもしろい3兄妹です。(コレってあるある??)

この絵本は、病院嫌いだったり、受診に手がかかるお子さんに読んであげると、少しは気持ちが軽くなる?1冊かも知れませんね。

 

はーくしょい (せなけいこのえ・ほ・ん) [ せなけいこ ]

価格:950円
(2019/7/5 14:07時点)
感想(1件)

 

へんしんオバケ

作・絵:あきやま ただし

出版社:金の星社

 

出典:金の星社

 

こわ~い「オバケどうくつ」をくぐると、オバケに変身してしまう…というお話。

読み手のスキルも試され、子供もことば遊びをしながら楽しく読める1冊です★

長男よりも、ひらがなを覚え始めた次男(4歳)の方が、楽しそうに何度も何度も読んでいます。

 

へんしんオバケ (新しいえほん) [ あきやまただし ]

価格:1,296円
(2019/7/5 14:09時点)
感想(24件)

 

あいしてくれてありがとう

作・絵:宮西 達也

出版社:ポプラ社

 

出典:ポプラ社

 

大人気「ティラノサウルスシリーズ」の1冊です。

他のシリーズも読んだことがありますが、大人が読んでも切なくなってしまうストーリーです。

はじめてできたお友達との友情を描いた内容で、ティラノサウルスの最後がどうなってしまったたのか、子供たちの想像力を豊かにする1冊です。対象年齢は3歳~5歳ですが、いろんな気持ちをちゃんと考えられる、もう少し上の年齢になっても、読める本だと思います。

 

あいしてくれてありがとう (絵本の時間) [ 宮西達也 ]

価格:1,296円
(2019/7/5 14:10時点)
感想(32件)

 

ねずみくんのクリスマス

作:なかえよしを  絵:上野紀子

出版社:ポプラ社

 

出典:ポプラ社

 

こちらも大人気の「ねずみくん」シリーズです。実は、45周年!という素晴らしい歴史がある絵本なんですね!

わが子も大好きでたくさん読んでます。可愛らしいねずみくんとねみちゃんのやりとりに、毎回、子供も私もほっこりしてます。

 

我が家には、長男が1歳の時にかったクリスマスツリーがあるのですが、高さが120cmのものなんです。

長男は、今年小学1年生になり、身長ももう少しで120cmに達しそうです。今年の冬にはクリスマスツリーを新調しようと思っています。クリスマスツリーは、ねずみくんサイズの小さなものでも可愛らしいですが、やっぱり見上げるほどの大きいものの方が、夢があっていいですね!

子どもたちの期待も膨らむ、クリスマス前に読んであげると楽しくなる1冊だと思います。

 

ねずみくんのクリスマス (ねずみくんの絵本) [ なかえよしを ]

価格:1,080円
(2019/7/5 14:10時点)
感想(19件)

1 2

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください